お風呂のガス代を節約しよう

HT015_350A

お風呂は節約できる部分が多いポイントでもあります。
お風呂での節約を行う方法について考えてみましょう。
基本としてお風呂の沸かし方ですが水を張ってからお湯を沸かすという人と最初からお湯を入れるという人に分かれると考えられます。
節約という観点から見てみると最初からお湯を入れた方が節約できるので出来るだけそうしてください。
そして水を張ってからお湯を沸かすという場合には水の温度に注意することが大切です。
水の温度を少し温められる夏であれば水を張った後に時間をとって、それからお湯にしていきましょう。

また、お風呂のお湯についてですが水道代の節約という観点から考えても溜めすぎないことが重要です。

HT071_350A
でもお風呂は肩までじっくり浸かりたいという方も多いでしょう。
そのような場合にはメジャーな節約方法の一つであるペットボトルを利用してみてください。
ペットボトルでお風呂のかさ増しをするという方法です。
これで少ないお風呂でもたっぷりのお湯に入っているような気持になります。

そしてお風呂に入るときには出来るだけ順番に入るということをお勧めします。
お風呂の保温にも電気やガスが使われていますのでその点を考えて家族順番にお風呂に入ることが出来る時間帯を選ぶのがお勧めの方法です。
保温をするときにはお風呂のふたなども有効活用していきましょう。
そして場合によってはお風呂の保温シート、中敷と呼ばれるものなどを利用してみるのも良い節約と言えます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る