ガス代を4分の1も節約する基本的な節約方法

HV068_350A

ガス代を節約するのに大切なことはキッチンの場合は燃焼効率を良くするということです。
熱をたくさん通すことが出来ればその分ガス代が格安になりますので燃焼効率を良くする方法がそのままガス代の節約方法にもなるということがほとんどです。
例えば機器を清潔に保つことなどもその一つです。
目詰まりを防ぐことによって燃焼効率が下がってしまうのを防ぐことが出来るということから節約になると言われています。

そして2つ目の燃焼効率のための方法が敷石を敷くということです。

HV024_350A
これはガスコンロではなくグリルの方に利用するものですが魚焼きグリルの敷石があります。
エコトクくんという名前での販売を行っているものですが魚焼きグリルを洗う手間を省いたということでガス代の節約の他に水道代の節約にも役立つというものです。
元々の目的は節約だけではなく魚をおいしく焼き上げることで、炭火のような中身がふっくらした焼き魚を作るのに向いています。

この敷石を利用することで自社試験によってガス代が4分の1程度節約出来るということがわかりました。
弱火や中火といったような、一見焼き魚を作るには不安な火の大きさでもしっかり熱が通るのでこのように節約を行うことが出来ます。
ちなみにガスの使用量を抑えることから二酸化炭素の削減も可能なのでエコノミー、経済的な商品というだけではなく地球環境やエコロジーという観点からも注目されることが多いのがエコトクくんという敷石です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る