外食はお金が貯まらない元凶かも?

JE160_350A

お金がない理由は食生活にある。

食生活ひとつで家計が助かるというのは良くあります。
それほど節約生活にとって食生活は見直すべきものです。

食べたいものがあれば食べる。
値段なんて気にしないなんてしていると、
あっというまにお金は食べ物に消えていきます。

外食は貧乏の始まり。

美味しいものを手軽に食べれますし、
手ごろな値段のお店も増えてきましたね。
不況で外食産業が値下げ合戦をしているせいもあり、
良いものを安く食べることが出来るようになりました。

飲食店のほかにもデパ地下やスーパーの惣菜、
コンビに弁当なども値段はそこそこですし、味もなかなか美味い。
他にも買ってすぐに食べれる。
調理の手間がないし、片付ける手間もいらないのが魅力ですよね。

ただそこに甘えている限りお金は貯まりません。

外食三昧をしていると一日で3000円ほど使ってしまいます。
一ヶ月に換算すると9万円!これは家計にとって大きなダメージです。
ここを見直さないと貯蓄することなんて無理でしょう。

エンゲル係数の高さは、貯まらない人の特徴です。
気をつけましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る