『先取り貯金』の設定額を決めよう。

HF140_350A

手取り収入の2割を目標に設定しよう。

一人暮らしであれば手取り収入の1割から2割が目安と言われています。
あなたの手取り収入が20万円とすれば2万円は無理なく貯蓄できます。
節約術の腕の見せ所ですね。

手取り収入の中には家賃や光熱費などの固定費もありますので、
その中から1割でも貯蓄できれば成功といえると思います。
節約上手な人であれば2割以上貯蓄することも可能ですよ。

まずは小額からスタートしてみる。

HG192_350A

先取り貯金の目安は手取り給料の1割から2割ですが、
最初は無理をせずに小額で先取り貯金を開始しましょう。
どれだけ貯蓄したかではなくて、
最初は貯める習慣を身に着けることが大事だと私は考えます。

まずは5000円という低い設定をして、
生活が苦しくなければ来月は6000円に設定しましょう。
それでも生活が苦しくなければ7000円と増やしていきます。
徐々に設定金額を上げていきましょう。

手取り収入の1割を設定しているころには、
お金が毎月貯まっていく楽しみを覚えているはずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る