なりふり構わない節約で貯蓄に成功するか?

HV163_350A

お金をケチケチして貯蓄していればストレスがたまってしまいます。

トイレの水は小のときにしか流さない。
スーパーでは見切り品しか買わない。
無料で配っているティッシュは大量に貰う。
光熱費の節約グッズを買い揃える。
ポイントカードのあるお店だけで買い物をするなど。

確かに節約することにあたって上記の例は有効な手段です。
実行したほうが確実に節約効果は見込めるでしょう。

でも、そんなケチケチしてストレスからカリカリしながら節約しても
お金を貯めるよりもストレスを貯めているような感覚に陥ってしまいます。
節約に振り回されているような感覚に陥っても不思議ではありません。

服や化粧品などは無駄に思えて買わなくなってしまうし、
お金をかけれないから見た目にも気を使わなくなってしまいます。
友人との付き合いも悪くなってしまえば楽しくないですよね。

だからこそ楽しく節約しよう!

HV068_350A

週末は友人と飲みに行ったりカラオケもします。
夏休みは旅行に行ったりして生活を満喫しています。
それでもお金を貯めることは出来ます!

やみくもに節約をするのではなく、
自分にあった節約方法を続けるだけでずいぶん違ってきます。

食品・雑貨などは会社の仲間とのグループ買いで安く購入。
消費者モニターとなって商品サンプルを利用したり、
商品アンケートに答えて商品券を貰ったりすることが出来ます。
欲しい商品はネットのオークションなどを利用して安く購入。

そういった情報はネットや新聞の広告などに掲載されています。
少しメンドクサイですが小さなことでも効果は確実にあります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る