意外と気づきにくいのが電気ポットによる電気代

HV106_350A

お湯を沸かすのに電気ポットを使うという方の場合、意外と気づきにくいのが電気ポットによる電気代です。
電気ポットも電気代が当然かかるのですがお湯を沸かすというところから考えてみると実は電気ポットよりもガスを利用した方が良い場合が多いです。
ガスで沸かした方が安いので節約になります。
数円の違いがあり、ちりも積もれば山となるとも言いますのでこういったところから節約をしていくのも良いかもしれません。

また、電気ポットといえば常に保温状態になっているという方もいるかもしれません。

HT167_350A
電気ポットの消費電力はお湯を沸かすときにはクーラーと同じ程度と言われています。
クーラーよりもはるかに小さい電気ポットですがこのように多くの電気を使っている存在です。
節約するときには電気ポットにも目を向けてみることが大切と言えるでしょう。
保温の時でも蛍光灯と同じくらいの電気は消費しますので常に保温にしておくというのは節約という観点からはお勧めしません。

電気ポットよりも節約という上でお勧めなのが魔法瓶の保温ポットです。
最近は自分で飲み物を持ち運ぶ方が多いので魔法瓶は持っているという方もいるかもしれませんが自分で持ち運ぶよりもワンサイズ、2サイズ大きなものもあります。
魔法瓶の保温ポットの中に入れておくだけで電気ポットと同じように保温することが出来ます。
しかも魔法瓶の場合には保温の時に電気を使わないので電気ポットよりも節約に向いた商品といえます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る