エアコンは使わなくても電気代が高い!

GN019_350A

待機電力はコンセントを差し込んでいるものには必ずあります。
1日の中に何回も使うような電気機器の場合にはそれほど待機電力で損をしているということは少ないかもしれませんがあまり使わないものであれば極力待機電力の節約に励んだ方が良いでしょう。
エアコンも待機電力がかかるタイプの商品です。
エアコンを使っていない場合にも待機電力が消費されてしまうので電気代が必要以上にかかるというのはデメリットです。

エアコンは夏の間は毎日使いますが春、秋の場合はそれほど頻繁には使わないという方も多いです。

GN087_350A
そのような場合には節約という面から考えてもコンセントを引き抜いておいた方が良いと言えます。
エアコンの動作の関係から使う直前にコンセントを差し込むのはお勧めしません。
大体1-2日前にコンセントを入れておいて、その後使うといったような利用方法が一般的です。

そしてひとくちにエアコンといってもどれもが同じ効率で部屋を冷やすことが出来るというわけではありません。

GN157_350A
フィルターの状態や機種そのものによっても部屋を冷やすための力には違いがあります。
エアコンもほかの家電と同じように消耗品ですのであまりにも長い間古いエアコンを使い続けるのはお勧めしません。
最近販売されているエアコンの場合は従来品に比べると消費電力が少なくなるタイプのものも多いので一度チェックしてみてもよいでしょう。
節約のための初期投資はエアコンでも行うことが可能ということです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る