住宅ローンを組むのであれば変動金利のリスクも正しく理解するべき

HF194_350A

住宅ローンを払う時には2種類の金利を選ぶこととなります。
変動金利というものと固定金利というものです。
どちらも一長一短ですがそれぞれのリスクについて知っておくことは節約を行うという意味では欠かせません。
まずは変動金利のリスクを見てみましょう。
変動金利だけにあるリスクは固定金利とは違う変動リスクだけの特徴と言い換えることも出来ます。
固定金利は固定という言葉があることからもわかるように変化がありません。
一方で変動金利という名前からもわかるように変化があるのが変動金利の特徴です。

変動金利は固定金利に比べると利息が変化してしまうという恐れがあります。

HG021_350A
それほど大きく景気が変わらないと考えている方もいるかもしれませんがバブルと呼ばれた時代はわずか24-25年前のことです。
このころと今の金利を比べてみると金利が以前の2分の1程度ということも珍しくはありません。
このようなことから景気が大きく変わることなどがあった場合にはリスクが大きくなるというのが変動金利のリスクと言えるでしょう。

変動金利を利用した方が良い場合というのもあります。

HU128_350A
それが返済に関して非常に短い期間での返済を行うという場合です。
そのような場合においては変動金利を利用した方が低金利の傾向が続くことによって節約できるという場合が多いようです。
ローンに長く時間がかかるというのであれば変動金利よりも固定金利を利用した方が節約になることが多いので返済期間についてはしっかりと考えましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る