住宅ローンを組むとき、変動金利と固定金利はどちらがお得かを考えてから決めよう。

HG009_350A

住宅ローンを組むときには利息がかかるということを覚えておきましょう。
簡単に言えば住宅ローンもお金を借りているということですからほかのお金を借りる方法と同じように利息がかかります。
利息は出来るだけ安くしたいところですが、この際に変動金利と固定金利のどちらを選ぶかというところが大切です。
固定金利は借入時点の金利が適用されるというもので、変動金利は借入時期の金利が定期的に見直され、上下する可能性があるというものです。

とはいっても金利がどのように変動するかなんてわからないという方もいるかもしれません。

HG006_350A
まず初期の状態だけを見てみると変動金利の方が安くなっていることが多いのですがここで簡単に変動金利を選ばないようにしましょう。
というのも変動金利は貸す側にとってはリスクが少ないタイプの金利の方式なので最初に格安に設定しておくことで変動金利を選べるような状況を作り出しています。
現状から考えると今度は金利が上がってくると言われています。
バブルのころほどバタバタと金利が上がるわけではありませんが少しずつ金利の上昇が考えられます。

将来的に金利を見通す力があるのであれば固定金利ではなく変動金利を選んでもよいのですが金利上昇のリスクはあると考えておきましょう。
逆に固定金利を選んだ時の金利が高ければそれはそれで損をしてしまいますし、迷う部分も多いかもしれません。
いずれにしても節約をするためにはその時の金利を見ることが大切です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る