公共料金だっで節約可能!できる限り安くすれば毎月の節約になる!

FV076


公共料金の節約といえば、電気ガスのつけっぱなし、水道の流しっぱなしに気を付けたり、使い過ぎに注意するぐらいしかできないと考えているかたも多いかと思います。

そんな手間なら節約しても意味がないと思われている方も多いかもしれませんが、誰でも簡単に公共料金は節約することができるので今日からでも公共料金の節約に注意してみてください。熱効率のいい調理器具を選んでガス代を節約する。トイレの水槽にペットボトルを沈めて流れる水を少なくしたり、おふりの残り湯を有効利用して水道代を節約したり。また、電話は必要な時以外は自分からかけずに電話代を節約するなど、少しの工夫で毎月の公共料金を節約することができます。電気代に至っては契約電気容量を減らして電気の基本料金を安くするという節約方法もあります。一回の手間だけで毎月の公共料金が安くできるのであれば、やらないと損です。

それぞれの料金はそれほど高額ではありませんが、水道・ガス・電気・電話などの公共料金を合わせると大きな金額になります。「公共料金なんだから支払うのは当たり前」なんて考えは捨てて、少しでも悦約する方法を考えていきましょう。工夫次第で簡単に節約することだって可能です。

もちろん公共料金の節約に関して言えば、無駄をなくすることが大切ですが、ほかの方法でも公共料金の節約が可能です。たとえば公共料金の手続きをすれば基本料金が安くなったり、割引になったりするサービスがあります。これらの手続きで節約できる金額はわずかかもしれませんが、「塵も積もれば山となる」ではありませんが、1年間で考えると大きな金額に、さらに公共料金は何十年と払い続けるものなので、何十年という機関で考えたらとても大きな金額を節約することができます。

公共料金の節約。簡単な手続きをして電気代と水道代を賢く節約しよう

GN039_350A
電気料金の支払いを口座振替にすると、「月に50円の割引」が受けられます。この割引制度は多くの電力会社で採用している割引サービスです。また、水道料金についても口座振替で割引になる制度をしている自治体も多くあります。東京23区であれば口座振替で50円割引になります。

手続きのやり方は地方自治体によって異なりますが、基本的には簡単な書類手続きだけで完了してしまいます。指定の申請書類に必要事項だけ書いて郵送で手続きが完了するところもありますので、お近くの自治体に問い合わせてみてください。電話での問い合わせだけではなく、ホームページからも振替の情報は掲載されているので一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

NHK受信料の節約方法

NHKの受信料は「支払方法」と「支払期間」によって金額が異なります。
たとえば2ヶ月ごとの訪問集金の場合は年間合計16,140円に対して、口座振替の年払いなら14,910円と1,830円もの節約になります。毎月払う固定費だけに少しでも安く済ませる口座払いにするとお得です。
参考URL→手続きはこちらからhttp://pid.nhk.or.jp/jushinryo/

電話料金の節約方法

こちらも電話会社によって少しだけ異なりますが、それぞれでお得なサービスをやっています。
【NTT西日本・東日本】
電話料金を口座振替またはクレジットカード払いにしている人が対象で、請求書の発行をやめれば、基本料金が115.5円の割引になります。請求書の郵送がなくなる代わりに、明細はパソコンやスマートフォンからも確認することができます。

【NTTドコモ】
電話料金を口座振替またはクレジットカード払いにしている人が対象で、請求書の発行を無効にすれば、基本料金が105円割引になります。こちらも電話料金明細はパソコンやスマートフォンからも確認することができます。

【au】
KDDIの固定電話サービスとau携帯電話の明細を1つにまとめるサービスがありまして、請求書を1つにまとめると毎月の請求額から105円の割引が適応されます。

【ソフトバンクテレコム(固定電話)】
「おとくライン」を利用していて、電話料金を口座振替またはクレジットカード払いにしている方が対象で、請求書の発行を無効にすれば月々の請求額から105円の割引になります。

公共料金でお得な制度がない場合の節約方法

口座引き落としにしても割引が一切ないサービスもあるかと思いますが、公共料金を少しでもお得にするためにクレジットカード払いを検討してみてください。今は年会費無料のクレジットカードも増えてきており、支払金額が増えれば増える分だけポイントがたまり、普通に払うよりもお得になります。

公共料金の支払いに関してクレジットカード払いができない場合もありますので、詳しくは各会社にご確認ください。

まとめ

HG022_350A
今回は、手続きによって公共料金を節約できる方法をご紹介いたしました。いままで無駄に払っていたものがあるのであれば見直してみてください。単月で考えれば少しの金額かもしれませんが、何十年と支払い続ける公共料金なので、その積み重ねは大きな金額となって現れるはずです。簡単な手続きによって安くできるのであればやってみてください。

私のお勧めはクレジットカード払いにすること!クレジットカード払いにしてしまうと、余計なものを買ってしまうという方でも、毎月の公共料金だけの支払いにすれば無駄遣いも起こりません。なおかつポイントもついて大変お得です。年会費無料のクレジットカードでもお得なポイントがたくさんついてきますので、毎月の公共料金を見直す時は、同時にクレジットカード払いでの支払いも検討されてみてください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る