以外に知らない住宅ローンにある固定金利のリスクとは

HV012_350A

固定金利は住宅ローンを選ぶときの金利の一つです。
住宅ローンはお金を借りているということですのでその分やはり利息も取られることが基本となっています。
利息についてですが固定金利の他に変動金利というものからも選ぶことが出来るようになっています。
固定金利は変動金利にある『変化』というリスクがない点では優秀です。
ですが変化がないことが必ずしもメリットになる場合ばかりとは限りませんので注意してください。

変化がない固定金利は時にデメリットになってしまう可能性も秘めています。

HU137_350A
それは市場金利が低下した場合です。
固定金利の場合はそのときの金利を払わなければならないのでもしも市場金利が低下したときには損してしまうということがあります。
変動金利とは全く逆のベクトルのリスクが固定金利にはあるということを押さえておきましょう。
どちらの金利を採用したとしてもリスクはつきものということです。
どちらがよい金利、というわけでもありません。

重要なことはどちらの金利のメリットやリスクも理解したうえで適切なものを選び取るということです。

HU188_350A
一般的に短期の支払いで終わる場合には変動金利を選んだ方がよいと言われています。
それに比べて何十年単位で金利を見た場合には固定金利の方が安全性は高いです。
そして、現在のところは低金利が続いていますのでこれ以上は金利が下がることは考えにくいと言われており、固定金利の方が節約になる場合が多いといえます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る